氏の変更

戸籍の種類と氏の変更(改姓)、名の変更(改名)の記録

戸籍にはいくつか種類があります。全員分の全部事項証明書(戸籍謄本)一部事項証明書(戸籍抄本)という分類、現在の戸籍、除籍、改製原戸籍という分類もあります。戸籍の証明書に氏の変更(改姓)、名の変更(改名)の記録がどう記載されるのかを、解説しています。

氏の変更許可(改姓)のご相談

氏の変更許可とは 氏の変更許可の手続とは、戸籍上の氏(名字、苗字、姓)を、家庭裁判所の許可を得て変更する手続です。 戸籍法第107条 やむを得ない事由によつて氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記...

名前の変更・氏の変更の効力発生日

名前の変更(氏の変更)の効力発生日はいつなのか?当事者だけの届出は届出の日が、裁判の手続後の届出は裁判の確定した日が効力発生日となる場合が多いです。では、名前の変更、氏の変更の届出も家庭裁判所の許可を得て戸籍届出をするので裁判の日付で効力が発生するのでしょうか。

結婚と離婚と氏の変更

婚姻や離婚の際には、原則的にどちらかの配偶者の姓が変わります。ところが、戸籍届をしたり、例外的なケースでは、姓が変更されずに、以前のままの姓を名乗ることになります。