家庭裁判所

戸籍の種類と氏の変更(改姓)、名の変更(改名)の記録

戸籍にはいくつか種類があります。全員分の全部事項証明書(戸籍謄本)一部事項証明書(戸籍抄本)という分類、現在の戸籍、除籍、改製原戸籍という分類もあります。戸籍の証明書に氏の変更(改姓)、名の変更(改名)の記録がどう記載されるのかを、解説しています。

外国人親の子の氏の変更許可申立

外国人と日本人の両親を持つお子様は、外国人親の国の登録は外国人親の名字、日本人親の戸籍にはその日本人親の名字で登録されます。したがって、その子供は外国の名字と日本の名字の二つの名字を持つことになります。しかし、日常で二つの名字を使い分けたり、外国人親との名字が違うことで不便であることもあります。そこで子供の名字をその外国人親の名字に変更する手続があります。

トランスジェンダー・GIDの方向けのサービス

トランスジェンダー、GIDの方の名前の変更をサポートしています。
家庭裁判所の名前の変更申立の経験多数です。

結婚と離婚と氏の変更

婚姻や離婚の際には、原則的にどちらかの配偶者の姓が変わります。ところが、戸籍届をしたり、例外的なケースでは、姓が変更されずに、以前のままの姓を名乗ることになります。

希望する名前の使用実績について

ご相談をいただく中で、変更後の名前(希望している名前)の使用実績について、質問されることがあります。ネット上では、すべて長期の使用実績が必要であるような情報が多く見受けられます。しかし、実際のところは改名したい理由によって、長期の使用実績を要求されているわけではありません。

2度目の名前の変更

一度、家庭裁判所の許可を得て改名した後に、さらに家庭裁判所の許可を得て、もう一度改名することができるでしょうか?

どの家庭裁判所に行けば良いのか

改名の手続は、家庭裁判所の許可を得て、戸籍の記録を変更する手続ですが、どこにある家庭裁判所で手続をすれば良いのでしょうか?

変更後の名前について

変更後の名前は、ご自身で決めることが出来ます。ただ、戸籍手続で使えない文字や許可されないであろう名前もあります。
変更後の名前の制限について、解説します。

なぜ、名前を変更できるのでしょうか?

なぜ、名前を変更することができるのでしょうか?戸籍法に規定されている条件を満たしている人は、家庭裁判所の許可をもらって、名前を変更することが出来ます。
では、どういった人が戸籍法の条件にあてはまるのでしょうか?