改名手続のご依頼をいただく際の費用と報酬について、ご案内いたします。

ご相談料

改名、改姓手続きのご相談は、初回無料です。2回目以降のご相談は、1回あたり5,400円をいただきます。

1回あたり改名、改姓手続きのご相談は、1時間程度とさせていただきます。

また、出張相談も承っておりますが、別途交通費及び日当を請求させていただきます。

裁判所等の費用

収入印紙

申立書に貼る収入印紙の金額は、名前の変更、氏の変更のどちらも800円です。氏の変更の場合は、確定証明書の手数料150円も必要です。

切手

申立の際に収入印紙とあわせて、切手を裁判所に提出します。東京家庭裁判所の場合は、名前の変更、氏の変更ともに368円ですが、各家庭裁判所ごとに切手の額が違います。特に氏の変更について、名前の変更と比べて1,000円程度高くなる場合があります。

その他の費用

収入印紙、切手代の他に、戸籍等の証明、交通費、通信費の実費を負担していただきます。

報酬

名前の変更についての報酬は、100,000円(消費税込)です。ただし、難易度の高いケースは、160,000円(消費税別)を上限として、ご相談させてください。

氏(名字)の変更についての報酬は、140,000円(消費税込)~難易度に応じてです。

上記の報酬のほか、申立のために必要な戸籍などの証明書の取得を代行するときは、手数料として証明書1種類につき1,080円をいただきます。

理由・手続き別の報酬

次の理由又は手続きの場合は、上記の報酬ではなく下記のとおりの報酬です。金額はすべて消費税を含む額です。
手続きの種類又は理由 説明 報酬
トランスジェンダー・GIDの方向けのサービス GIDを理由としての名前の変更申立ての場合 35,000円
名字を旧姓に戻したい方向けのサービス 離婚後、婚姻中の名字を名乗る手続後、やはり旧姓に戻したい方の場合 100,000円
子の氏の変更許可申立をされる方向けのサービス 子供が、親とは別の戸籍に入っているので、不便を感じている方 40,000円

お支払いについて

お支払いの方法は、現金、預金振込、クレジットカード(VISA、MasterCard、American Express)の三種類の方法をご利用いただけます。

また、日本司法支援センター法テラスとの契約司法書士ですので、所得の低い方または生活保護を受給している方は、民事法律扶助の制度をご利用いただく事ができます。

民事法律扶助については、こちらをご覧ください。