赤ちゃんの名前の変更のご相談

赤ちゃんの名前で

赤ちゃんの名前で悩んでいらっしゃる方からの相談を、よくいただきます。

出生届を出す前に、出生届を出した後に、いろいろな事情で出生届に書いた名前に、不満や不安を覚えて、改名の相談をいただきます。

たとえば

  • ・命名した名前に満足していたけれども、しばらくして、その名前がインターネット上で批判や誹謗中傷を受けていた。
  • ・お子様の命名について、親族と意見があわず、不本意な名前をつけてしまった。
  • ・知らぬ間に旦那が、出生届を出していた。

といったケースが、多いように感じます。

改名の手続きの難しさ

赤ちゃんの改名の手続は、大人の改名と比べると、簡単に改名できます。

大人の改名は、その人がすでにその名前で生活を送っていて、突然その名前を変えると、周囲に様々な影響が出てしまうので、簡単に名前を変えることができないわけです。

しかし、赤ちゃんの場合は、まだ生活している社会も狭く、また他人と契約・権利義務関係があるのもまれなので、影響もほとんどありません。したがって、赤ちゃんの改名は、大人と比べると簡単です。

正当な事由

簡単とはいっても、やはり、正当な理由は必要です。

たとえば、

  • ・赤ちゃんの名前が原因で、母親の産後鬱が深刻になってしまった。
  • ・産後鬱までではないものの、精神的に参っている。
  • ・子供に愛情を注げない。
  • ・お子様の名前が原因で、夫婦仲が悪化してしまった。

などでしょうか。

逆に許可されないだろうなと思うのは、

  • ・出生届を出したものの、少しした後に、姓名判断をしてみたら悪い結果がでてしまった。
  • ・有名人のファンになってしまい、その有名人と子供の名前を同じに名前に変えたい。

などでしょうか。

まとめ

ポイントとしては、

  1. 名前が理由で、
  2. 親が不安定な状態になり、
  3. 赤ちゃんに害が及ぶ可能性がある

の3つだと考えています。

3つめの「害が及ぶ可能性」は、積極的なものだけではなく、消極的なものも含まれるはずです。

いずれにしても、改名をすることによって、赤ちゃんが幸せに育ってくれれば良いなと思います。