性同一性障害と改名手続

戸籍の名前と性自認

戸籍上の名前が、自身の性自認とは違う場合は、これを理由に名前の変更が許可されるのでしょうか?

神戸の家庭裁判所

事例では、申立人は神戸家裁に、性同一性障害を理由に名前の変更許可を申し立てましたが、当初家裁は、

申立人は、医師から改名が必要とされているにもかかわらず、通常は男性に用いられる戸籍上の名を日常生活において使用せざるを得ないことで、精神的苦痛を被っているということができる

と認定しましたが、この申立が認められた場合、

  • 申立人が婚姻しているので、同性婚の外観が生じる
  • 職場の関係者に、軽視し得ない社会的支障、混乱が生じる
  • 使用実績をみても社会的に定着しているとは言い難い

という理由で、申立を却下しました。

大阪高等裁判所の判断

この神戸家裁の却下について、申立人は大阪高裁に不服申立をしました。

判断の前提

大阪高裁は、

(前略)名は氏とともに人の同一性を明らかにするものであって、名を変更することは一般社会に対して大きな影響をおよぼすものであるから、これをみだりに変更することを許さないこととして、呼称秩序の安定を確保するとともに、当人に当該名を使用することによって社会生活上著しい支障があって、当該名の使用を強いることが社会通念上不当であるとか、(中略)変更後の名を使用することが当人の社会生活上必要かつ相当であると言う場合などには名の変更を認めることとし、公益と個人の利益の調和を図ろうとするのがその法意である

と、前提を示しました

具体的な判断

そして、

  • (男性的な名前を使用することによる)精神的苦痛を甘受するのが相当であるという事情は認められず、「当該名の使用を強いることが社会通念上不当である」場合にあたる
  • 職場の関係者など、一般社会に影響を及ぼすとはいえない
  • 変更後の名前の使用実績が少ないとしても、名前を変更することには正当な事由がある

と判断して、神戸家裁の却下を取り消して、大阪高裁は申立を許可しました。

実際には

このケースのご相談も多く受けています。
しかし、ご相談者の多くが、改名後の名前の使用実績が短期間しかないとおっしゃって、手続を見送られることが、多いと感じています。

ですが、上記のとおり、使用実績が少ない場合であっても、正当な事由があれば、名前の変更は許可されます。