作者別: 吉越 清顕

2006年、司法書士試験に合格       以降、いくつかの司法書士事務所に勤務する。 2008年、新宿区にて司法書士登録 2010年より、東京都新宿区で、ひびき・リーガル司法書士事務所を開設。 年間50件以上の改名に関する相談に対応する。

子の氏の変更許可の代用としての氏の変更許可申立

先日、子の氏の変更許可申立をされる方向けのサービスを公開しました。 この手続は、子供が親の戸籍に入ることが、ポイントなのですが、子供が親の戸籍に入りたくない/入れないけれども、名字は親と同じにしたいと...

正字と誤字・俗字と戸籍の訂正

戸籍に記載されてる氏名の漢字について、誤字・俗字という言葉を聞いたことがありますか? 「正字」はその漢字の正しい字体として、辞典に記載されている字体です。この正字に対して、誤字・俗字があります。 誤字...

同じ理由での改名の申立

一度、改名の申立をしたところ、正当な理由がないと家庭裁判所に不許可とされてしまうことはあると思います。しかし、どうしても名前を変更したいというご希望は、理解できます。では、同じ理由で何度も名の変更の許可の申立をできるのかどうかを、お話ししていこうと思います。

事務所移転のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。この度当サイトを月運営しております司法書士吉越清顕は平成30年11月5日(月)より下記住所に事務所を移転いたしました。今後とも、サービスのさらなる向上をめざして努力してまいりますので、一層のお引立てを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

戸籍の種類と氏の変更(改姓)、名の変更(改名)の記録

戸籍にはいくつか種類があります。全員分の全部事項証明書(戸籍謄本)一部事項証明書(戸籍抄本)という分類、現在の戸籍、除籍、改製原戸籍という分類もあります。戸籍の証明書に氏の変更(改姓)、名の変更(改名)の記録がどう記載されるのかを、解説しています。

外国人親の子の氏の変更許可申立

外国人と日本人の両親を持つお子様は、外国人親の国の登録は外国人親の名字、日本人親の戸籍にはその日本人親の名字で登録されます。したがって、その子供は外国の名字と日本の名字の二つの名字を持つことになります。しかし、日常で二つの名字を使い分けたり、外国人親との名字が違うことで不便であることもあります。そこで子供の名字をその外国人親の名字に変更する手続があります。

2018年の夏季休業のお知らせ

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。 誠に勝手ながら、本年の夏季休業期間は、2018年8月11日より2018年8月15日までとさせていただきます。 なお、上記期間中でもメールでのお問合せは受...

2018年のゴールデンウイークのお休み

4月末から五月初旬のゴールデンウイークのお休みにつきましては、以下のとおりとさせていただきます。 4月は30日まで営業しております。 28日、29日の土曜日、日曜日も対応可能ですので、あらかじめご相談...

サイト名変更

当サイトの名称を「キラキラ改名手続.com」から「改名改姓相談.com」に変更いたしました。

氏の変更許可(改姓)のご相談

氏の変更許可とは 氏の変更許可の手続とは、戸籍上の氏(名字、苗字、姓)を、家庭裁判所の許可を得て変更する手続です。 戸籍法第107条 やむを得ない事由によつて氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記...

名の変更許可(改名)のご相談

名の変更許可とは 名の変更許可の手続とは、戸籍上の自身名前を、家庭裁判所の許可を得て変更する手続です。 戸籍法第107条の2 正当な事由によつて名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨...

名前の変更・氏の変更の効力発生日

名前の変更(氏の変更)の効力発生日はいつなのか?当事者だけの届出は届出の日が、裁判の手続後の届出は裁判の確定した日が効力発生日となる場合が多いです。では、名前の変更、氏の変更の届出も家庭裁判所の許可を得て戸籍届出をするので裁判の日付で効力が発生するのでしょうか。