改名改姓相談.com

家庭裁判所の改名・改姓許可のご相談、書類作成を承ります。

お名前や名字で、悩んでいませんか?

名前や名字を変更できることをご存知ですか?改名や改姓でお悩みの方のご相談、家庭裁判所への申立支援をしております。

名前の変更(改名)

名前の変更(改名)の相談を希望される方。名前の変更許可の手続を考えている方。

氏の変更(改姓)

氏の変更(改姓)の相談を希望される方。氏の変更許可の手続を考えている方。

子の氏の変更許可

親子の氏(名字)が別になっている方。子供を自分の戸籍に入れたい方。

旧姓に戻されたい方

結婚・離婚、養子縁組等の関係で旧姓に戻したい方。

ご自身のお名前で、悩んでいませんか?

改名の手続きとは?

自分の名前でお悩みの方、今の名前を名乗り続けることがつらい方、改名や改姓をすることができるのを、ご存知ですか?改名改姓の手続きとは、家庭裁判所の許可を得て、自分の戸籍上の名字や名前を変更する手続きです。

しかし、名字や名前を変えたいからと言って、ただ変えたいと家庭裁判所に行っても、許可をしてもらえません。

正当な事由

許可をもらうためには、改名の場合は正当な事由=正当な理由、改姓の場合はやむを得ない事由(理由)が必要です。

たとえば改名の場合は、キラキラネームであれば、今の漢字から名前を正確に読むことが出来ないであるとか、キラキラ過ぎる名前で他人から悪感情を向けられるなど、 キラキラネームを名乗り続けることが、とても出来ないと言ったことが理由です。

改姓の場合は、離婚後に婚姻中の名字を継続したけれど旧姓に戻したいということが理由です。過去の裁判所の判断例を、当サイトのコラムでご紹介しています。

では、正当な事由とは、なんでしょうか?

一般的には"社会生活上著しい支障を来たす場合"とされていて、"単に個人の趣味・感情・信仰上の希望等"では、正当な事由にはあたらないとされています。

ただし、個人(本人)の感情が原因であっても、客観的にみて、それが本人の社会生活の障害になるような場合は、正当な事由にあたるのではないかと考えています。

改名改姓の悩みを相談したい。

自分の悩みが改名できるのか、手続をどうしたらいいか分からない、誰に相談したら良いかわからない。

このサイトの運営者は、司法書士の資格で、年間100件以上の改名についてのご相談を受け、家庭裁判所の申立手続のお手伝いをさせていただいています。

また、すぐに許可を受けることが出来ない場合であっても、許可をうけるためのアドバイスをさせていただいています。

ご相談について

電話でのご相談は、電話口での行き違いや、関係資料を確認することができないので、お受けしておりません。相談予約フォーム、またはお電話でご相談の予約いただくようお願いしております。

ご相談に際して

ご相談にあたっては、下記の資料をご用意ください。用意できない資料があるときは、ご予約の際にお伝えください。

  • 現在の戸籍
  • 住民票(本籍地記載)
  • 写真付きの身分証明書
  • 変更の理由がわかる資料

相談時間の目安

初回のご相談は、約1時間程度です。資料の確認、変更の理由や希望する名前または名字をうかがい、許可の見込みや手続の進行等を説明します。

ご依頼をいただく場合は、その後の追加で用意していただく資料など準備の打ち合わせをして、申立に備えます。

相談料について

初回のご相談は無料です。2回目以降は、1回あたり5,400円(消費税込)を頂戴します。